千綿偉功的日々 Hidenori Chiwata Official Website

 
千綿偉功的日々
Top Information Profile Discography
ワンマンツアー2012『サンキュー』@佐賀
ワンマンツアー2012
『サンキュー』@佐賀
Entry
Link
Archive
Chiwata's Diary
2013/04/10 21:29 『4/6 渋谷O-EAST ワンマン』『4/7 渋谷SONGLINES トリビュート』<ゲストライブ情報(※4/21東京・天王洲> <他LIVE情報(※5/3福岡, 5/10~13名古屋, 5/18つくば, 6/22神戸)>

 お陰さまで、O-EASTワンマン、無事に終わりました~(嬉涙)。目の前に広がるアノ光景。客席を埋め尽くす沢山の笑顔、笑顔、笑顔。本当に夢のような時間でした。さてさて、何からどう話そうかねぇ。ちょっと遡って振り返ってみますね。


 『どうしても2012年3月9日に新しいアルバムを出したい!』そんな想いを抱きながら活動を続けていた2011年。8小節だけ生まれていた、あるメロディーがありました。そのメロディーの続きが中々作れなかったので、"弾丸一人旅"で1日だけ訪れた沖縄の鳩間島。そこの砂浜で天から降ってきたメロディーの破片。それらを東京に持ち帰って「1曲」に完成させることができたのが2011年の11月後半。のちに『アイブミ~Love Letter~』とタイトルが付くことになるその曲が完成したことで、『よし!アルバムを作ろう!』と自分の中で「GOサイン」を出しました。そこから、収録曲の選抜→松っちゃんにアレンジの依頼。実際にスタジオに入り、レコーディングが始まったのが12月下旬。平行して新曲作り(※のちの『いのちのたね』)。レコーディングは年をまたぎ、マスタリング作業まで完了したのが2012年1月中旬。ジャケット作成。プレス発注。ここまで来て、ギリギリで、何とか3月9日リリースの目処が立ちました。その後も、各地のキャンペーンやインストアのブッキング、ツアー会場の仮押さえと日程調整、などなど、リリースに関連する雑務が続き・・・。アッという間にNewアルバム『サンキュー』のリリース日、3/9を迎えていました。


 リリースから1ヶ月後の4/6には、渋谷O-WESTでのレコ発バンドワンマン。『このメンバーともっと一緒にライブがしたい!』WESTワンマンをやり終えた後、ツアーの中に"バンドSIDE"を組み込むことを決めました。それから後は、もう怒濤のスケジュールでしたね。旅、旅、旅の連続。気がつけば、9月からの全国ツアーへと突入。長崎〜鹿児島〜神戸〜広島〜山形〜仙台〜札幌〜名古屋〜大阪〜福岡〜佐賀、全11都市を廻るワンマンツアー。弾き語り、松サポ、バンド、形態を問わず、1回1回すべてが"充実"を更新していくようなツアーでした。佐賀で始めた『Dear My HOME,〜』、初の「年越しカウントダウンイベント」、長岡初ワンマンなどの"初もの"も続き、2013年3月9日、早いものでアルバム『サンキュー』1歳の誕生日。そして迎えた、2013年4月6日。この1年、「挑戦」と位置づけ向かって来たステージ、渋谷O-EASTワンマン。アルバム『サンキュー』が生まれた瞬間から続いて来た長〜い旅の締めくくりというか、総決算というか、さらには、活動再開後の総決算とも言える、僕の中では大きな意味のあるワンマンライブでした。


 ステージ上から広い客席を見渡せば、この1年、いや、メジャーデビューからのこの20年、旅を続けて来た全国の街々から、沢山の人たちが駆けつけてくれていました。その光景が幸せすぎて・・・。雨の中、駆けつけてくれたみんなの、一人一人の想いが、嬉しすぎて・・・。ただただ、全身全霊を込めて、唄を届けました。『俺には、こんなに沢山の仲間がいる』事務所もなく一人で活動している僕ですが、ステージ上のメンバーや、お手伝いしてくれている沢山のスタッフの存在も含め、『俺って独りじゃないんだ』って、活動再開後、最も強く感じることが出来ました。そういう環境の中で大きなワンマンライブをやらせてもらえていることが、心の底から有り難く、身震いするくらいに嬉しかったです。ライブの中身のことは・・・ほとんど覚えていません(笑)、ごめんね。それくらい、一瞬一瞬が全てでした。


0406-4.jpg


 "大きなワンマン"とは言っても、以前はもっと大きな会場でもワンマンをやったこともあったし、夢見る「武道館」に比べたらまだまだ足下にも及びませんが、この現状が、逃げも隠れもせず、何の言い訳もなく、今の僕の全てです。そして、その全てが、これからの僕の財産です。この世界では「数」という基準を避けては通れないことも知ってます。だからもちろん、この先も、もっと上を目指して頑張って行こうと常に想いを抱いています。でも、今回、総決算としてのワンマンを終えて、単に「数」では計れない充実感や幸せが、確かに、そこには在りました。善くも悪くも、やっぱり、やって来たことは嘘をつかないですね。


『どうやったら、もっと愛情を持って人と接することが出来るだろう?』

『どうやったら、もっと感謝の気持ちが相手に伝わるだろう?』


「ありがとう」という言葉にコンプレックスを持っている僕ですが、ここ数年の活動環境は、間違いなく、そんな僕に必要だったと感じています。恩返しと言ったらオコガマシイですが、昔から、そして今、僕を支えてくれている沢山の「仲間」に、もっと「ありがとう」を伝えられるように、もっと"届く"唄うたいになれるように、これからも精進したいと思いました。"『サンキュー』を引っさげて "という括りでの旅は、これで一段落。まだ見ぬ自分を表現できるように、今年は新曲作りも頑張らなきゃですね。次のアルバムも無性に楽しみです。

0406-1.jpg


今回のO-EASTワンマンを開催するにあたって、沢山の方に力を貸していただきました。その、お一人お一人すべての力が合わさって、無事に、成功させることが出来たと思っています。駆けつけてくれた沢山のみんなの存在は言うまでもなく、関わってくれた誰か一人欠けても、あのライブは成り立たなかったと。この場を借りて、御礼を言わせてください。


*爆弾低気圧の心配がありながら、それでも、雨の中、全国から駆けつけてくれたみんな。


*遠く離れていても、想いを飛ばしながら同じ時を過ごしてくれた全国のみんな。


*最高の音を奏でてくれた最高のバンドメンバー:松っちゃん、コジマっち、ニッシー、里、竹雄、と最高のステージ回り:完ちゃん。このメンツでやれて幸せだったよ。またいつか、絶対ね!


*色んな事をお願いばかりして、事あるごとに力を貸してくれるFCスタッフ:菊ちゃん。いつもホント助かってます。もはやツアーメンバーの一員だったね。


*昨年のO-WESTワンマンの時から1年に渡り、色んな面でサポートしていただいた、O-WEST:清藤さん。チーム千綿に入ってくれて心強かったです。


*昨年のO-WESTワンマンに続き、音響オペレートで入ってもらいました、PAの尾山さん。ご指名、受けていただき、嬉しかったです! ぜひまたお願いしますよ!


*O-EAST 舞台制作:宝田さん、ナベちゃん。知った顔がそこに居てくれると、ホント安心します。


*O-EAST 音響、照明、他スタッフの皆さん。


*竹雄のテクニカル:クシくん。


*松っちゃんスタッフ:ナベさん。


*スチール撮影:島っち、ユイちゃん(from兵庫)、ユミカン(from愛知)。


*ボランティアお手伝い:カヨちゃん(from兵庫)、ムーミン(※ひなたスタッフ)、千綿母(from佐賀)。


*わざわざ観に来ていただいた関係者&ミュージシャンの皆さん。


*お花やプレゼントをいただいた皆さん。


*本番に向けて、チラシの折り込みに協力していただいたライブハウス&ミュージシャン:渋谷 O-WEST(※Oグループ)、渋谷 duo MUSIC EXCHANGE、新横浜 ベルズ、四谷天窓(※.comfort/.switch)、渋谷 LOOP annex & 代官山 LOOP、渋谷 SONGLINES、柏 PALOOZA、国分寺 GiveHearts、名古屋 HeartLand STUDIO、今野竹雄、ひなた、里地帰。


*ムク


関わってくれた全ての方々に、心から、ありがとうございました!


130406_SH_01s.JPG


 EASTワンマンの翌日(4/7)。渋谷SONGLINES。前日、千綿バンドにギターで参加してくれた「竹雄」が企画してくれた『千綿偉功トリビュート(勝手にEASTお疲れさまでした~)ライブ』に、あくまで観客として!?行ってきました。EASTの打ち上げが盛り上がって、結局、家に帰ったのが朝方5時すぎだったので、もちろん寝坊しまして、、、(汗)。何とか、オープニングの最中に駆け込みセーフ。んっ!? ちょっと待てよ、、、。竹雄からは「千綿さんは普通に後ろの方で、お酒でも飲みながらゆったりくつろいでもらってていいですから〜」と言われていたはず! 会場に着いた傍からオープニングトークに参加を求められ、、、!? 案の定、その後も、転換の時に竹雄と二人でMC役。おい!竹雄!話が違うやないかい!(笑) まあ、そんな状況もホロ酔い気分と共に楽しみながら、このライブのためにわざわざ佐賀から駆けつけてくれた「成瀬ブルックリン」「野副一喜」、佐賀から上京して1年になる「マエダケンタロウ」、今や兄弟のような「ひなた」、そして、このイベントの首謀者「今野竹雄」、みんなのライブも楽しませていただきました。人が歌ってくれる自分の曲を聴くと、自分では気づかないことが見えたりするもんですね。面白かったです。で、その後、さすがに何も唄わないのは気が引けたので(笑)、竹雄のギターを借りて3曲だけ唄わせていただきました。何だか、前日のEASTワンマンの"オフ会"みたいなノリで、ああいうのもアリだな〜と思いましたよ。企画してくれた「竹雄」、長岡から駆けつけてくれた「ひなた」、そして「ブルックリン」「マエケン」「一喜」、どうもありがとうね。トリビュートなんて初めてやってもらったから、な〜んかコソバユイ感じもあったけど(笑)、純粋に嬉しかったよ。


 というわけで、41歳の幕開けは、ハンパなく濃いーーー2日間となりました。最高の想い出をサンキューでした。


20130407_1.jpg


 最後に。LIVE情報もろもろです。


 まず。今回のEASTワンマンでもドラムで参加してくれた「小島英雄」氏(hkstyle)のワンマンイベントに、ゲストライブという形で出演することになりました! 4/21(日)、場所は東京・天王洲にある「 PORTO Cafe & Beans 」というお店です。お食事とお飲物を楽しみながら、ゆっくりと過ごしていただける雰囲気みたいですよ〜。お腹を空かせて天王洲へGO!


 次に。先日から日程だけお知らせしていました「5/3(金祝) 福岡 フリーライブ」の詳細が届いたので、お知らせします。会場は、福岡市博多区沖浜町の「中央ふ頭イベントヤード(※博多どんたく 港本舞台)」。千綿のライブは16:20頃から40分ほどの予定です。観覧は無料、どなたでもご覧になれます。


 続いて。昨年も出演させていただいた名古屋の「栄ミナミ音楽祭」に、今年も唄いに行けることになりました! 日程は、5/11(土)と5/12(日)、両日です。5/11は1会場、5/12は2会場の出演予定となっています。観覧は無料です。その他、会場や時間などの詳細は届き次第お知らせしますね。


 さらに。昨年と同じ流れですが、「栄ミナミ」の翌日、5/13(月)は、名古屋ハートランドスタジオにて、「男畑中まつり2013」にも出演します! メンツがメンツなだけに、盛り上がらない訳がない!!! スゴいことになりそうやね〜(汗)。平日の夜ですが、これは必見ですぞ!


 さ〜ら〜に〜! この3daysの名古屋のスケジュールが決まった後に、なんと、もう1日、名古屋ライブのお誘いを受けました!!! これまで何度もお世話になっている箱「E.L.L.」の社長:シゲさんが還暦を迎えられるという、おめでたい話が飛び込んできまして、それはみんなで「お祝いイベント」だーーー!という流れになりまして。。。首謀者は「石田 匠」氏。僕もぜひお祝いに駆けつけたい!ということで、参加させていただくことになりました! 日程は 5/10(金)、会場はもちろん「E.L.L.」。久々の1階ですからねーーー! みんな集まってくれないと盛り上がらんけんねーーー!


 そして。調整中だった 5/18(土)の茨城フリーライブの詳細もほぼ決まりました。会場は、今年1月に唄わせていただいた、つくば市の「イーアスつくば」。「ひなた」と2組でやります! 1部が13:00~(2組)、2部 が16:00~(2組)です。宇都宮〜つくば〜渋谷、この3daysも楽しくなりそうですね。


 最後に。久々の神戸LIVEが決まりましたよーーー!お待たせしました! 日程は 6/22(土)、会場は三宮のCASH BOX です。前週の佐賀からの流れで「竹雄」も一緒に誘いましたよ。半年ぶりの神戸。久々に唄いに帰れるの、嬉しいです!


 4月の後半からは、また全国各地に唄を届けに、旅、旅、旅が続きます。慌ただしくなりそうです。みんなの笑顔に逢いに行くけんね〜。待っとってね〜。


 ・・・と、その前に。それまでしばらく、旅に出てきます。仕事上の関係者の皆様、これから数日は音信不通状態になりご迷惑をおかけするやも知れませんが、、、申し訳ありません。


 ではでは、行って参ります。押忍。

Search
千綿偉功トリビュートアルバム公式Facebookページ
千綿偉功
トリビュートアルバム
公式Facebookページ
The ライブ盤 ~バンドワンマン @ O-WEST~
『The ライブ盤 ~バンドワンマン @ O-WEST~』
千綿偉功
お問い合わせ窓口
(株) トゥーファクトリー内 chiwata-desk@toofactory.com
Hidenori Chiwata Official Website
 
千綿偉功お問い合わせ窓口 (株) トゥーファクトリー内 chiwata-desk@toofactory.com