千綿偉功的日々 Hidenori Chiwata Official Website

 
千綿偉功的日々
Top Information Profile Discography
ワンマンツアー2012『サンキュー』@佐賀
ワンマンツアー2012
『サンキュー』@佐賀
Entry
Link
Archive
Chiwata's Diary
2019/03/06 03:15
『何とか間に合いそうです、、、(汗)「唄の素〜其の2〜」』

おっと。。。もうこんな時間ですね。みんな元気ですか〜? もう夢の中ですよね。


ご報告です!

今度の3/9(土)の佐賀でのワンマンイベントで来場者の皆さんにプレゼントする"とある曲"のライブ音源を収録したCD-R。本日、コピーし終わりました! あとは、明日、サインをして、カバーに入れれば完成です! ひとまず先が見えました〜。ほっ。。。


それと。どうしても、どうしても、3/9のワンマンに間に合わせたかった、ORIGINAL SONGS『唄の素』の「〜其の2〜」。ここの所ずっと、音源を作る時間が無さすぎて、実は、半分、諦めかけていたんです。なので、4/6のバンドワンマンに間に合えばいいかな〜と、ちょっと弱気な自分が居ました。が!しかーーーし!!ここで諦めちゃ、男がすたる!でしょ? 確定申告の計算と書類作成は取りあえず後回し!!! どっちが今の自分がやるべき事か、、、。そう考えたら、必然的に「音源作り」の方を選んでいました。この数日、基本的にはずっと部屋にこもって、ギターを何トラックも重ねたり、唄ったり、コーラス入れたり、しまいにはギターソロなんかも弾いちゃったりして、、、。で、先ほど、無事に、「3曲」の音源を作り終える事が出来ましたーーー! やれば出来るじゃん!と、ちょっとだけ自分を褒めてあげたい、今です(笑)。


「ORIGINAL SONGS『唄の素』〜其の2〜」
【収録曲】
1. ちくわ焼きの唄
2. FRUSTRATION
3. 小さな街の片隅で


以上3曲を収録したCD-Rを、3/9(土)の佐賀ワンマンより、会場限定で販売開始いたします!(とは言っても、まだマスターが出来た段階なので、明日、数十枚のコピーと、全ての盤面の手書きと、ジャケット作りと、封入作業と、まだまだ気は抜けないのですが・・・(汗))大丈夫です。絶対に間に合わせますからーーー! 佐賀ワンマンに来てくれる皆さん、この"力作"の1枚を、ぜひ手に取っていただけると嬉しいです! 中々の宜しい出来になっております。よろしくお願いしまっす!


明日、早起きして、残りの作業、頑張りますね。


ではでは、またです〜。おやすみなさい。。。

2019/03/04 02:49
<平成アニソン大賞『Butter-Fly』『カサブタ』2曲受賞!!>『2/17 名古屋 Dream Cube』『2/23 横浜 BAYSIS』<3/9佐賀ワンマンイベント SOLD OUT のお知らせ!!> <3/10佐賀ワンマン懇親会イベント リクエスト募集開始!!>

3月に入りましたね。「ひなまつり」だった休日、いかがお過ごしでしたか? 僕は、ここのところ、何だかんだ、雑務に追われております。。。 この時期は毎年「大変なもの」が重なるんですよ~。個人事業主の方ならお分かりだと思いますが・・・。そう、アレです。「確定申告」です。領収書の仕分けと計算と、、、。あ゛ーーーーー、"猫の手も借りたい"とは、まさにこんな状態を言うのでしょう(汗)。そんな中、今日は、「Tokyo7Spice」というフリーマガジンの取材をしてもらいに、雨の中、池袋まで行って来ました。インタビューをしてくれた女性が、ご自身もアーティスト活動をされているらしく、ライブで『カサブタ』を歌ってくれているという話でした。昨日 Twitterにも書いた「平成アニソン大賞」での受賞の件が本当にタイムリーだな〜なんて思いながら、2時間半ぐらいでしょうか、色々なお話をさせていただきました。発刊日や配布場所など、詳細がわかり次第またお知らせしますね。


今夜は、まず、昨日 Twitterにも書きましたが、とっても嬉しーーーいお知らせを、ひとつ!

スタッフが見つけて知らせてくれたのですが、ネット上で開催されていた「平成アニソン大賞」というランキング企画で、僕が作詞作曲をした2曲が賞をいただきましたーーー!

受賞、1曲目は。和田光司くんが歌ってくれていた「デジモン アドベンチャー」の初代主題歌『Butter-Fly』。この唄が「特別賞」をいただきました!

そして、もう1曲は。僕が唄わせてもらっていた「金色のガッシュベル!!」の初代主題歌『カサブタ』。この唄が「ユーザー投票賞」をいただきました!

『Butter-Fly』が発売されたのが1999年4月23日。『カサブタ』が発売されたのが2003年4月23日。な、な、なんと!奇しくも、発売日が同じ「4月23日」!! これも何か「縁」を感じますよね。どちらの唄も、発売からすでに16~20年という長い年月が流れていますが、時代を超えて今でも皆さんから愛してもらえていることに、心から感謝します。他のミュージシャンの方々もよく言われる事ですが、自分が作った唄というのは「我が子」のような存在で、本当に愛おしいものなんです。僕の中から生まれた唄が、こうして、いまだに沢山の方から支持してもらえているという状況は、理屈抜きに、本当に嬉しくて、有り難いことなんです。ずっと愛してくれている皆さん、今回投票してくれた皆さん、本当にありがとうございます。この2曲は、今後も、もちろん、大事に唄い続けていきたいと想っています。特に『Butter-Fly』は、歌ってくれていた「和田光司くん」が志なかばで天国に旅立たれたので、この唄の作詞作曲者としての強い想いも乗せて、今後も唄わせていただきたいと想っています。和田くんの想いも連れて『50歳 武道館ワンマン』に挑みますので、Butter-Flyファンの皆さんも、是非その目に、武道館で『Butter-Fly』を唄う千綿偉功の姿を焼き付けに来て下さい。よろしくお願いします!押忍!

4月6日(土)に、横浜 O-SITE にてバースデーワンマンを開催します。まだ音源にはなっていないのですが、実は、昨年、和田くんのために作った唄が1曲あるんです。タイトルは『不死蝶たちの歌 ~Requiem to the phoenix~』。ご命日が「4/3」ということもあり、是非この曲を4/6に披露できたらと想っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ではでは。遅ればせながら、2月中旬以降の2本のライブを振り返ってみますね。


2/17(日)。名古屋で唄って来ました。会場は、初めてお邪魔する「Dream Cube」。今回のイベントのタイトルは「ICメイツさん、いつもありがとう」。「I.Cメイツ」さんと言えば、そうです、僕も去年、2度ほどライブでお世話になっているお店です。「ライブで」と書きましたが、そもそも「I.Cメイツ」さんは普通にライブができるライブハウスではなく、ヨーグルトがお勧めな いわゆる「喫茶店」なんですよ! そこのオーナーご夫妻が、頑張ってるミュージシャンを応援したい!と言う純粋なその想いだけで、時間をかけて店内を少しずつ少しずつライブが出来るようなシステムに改装されて、僕らミュージシャンに「ライブが出来る場所」としてお店を提供して下さっている訳なんです。そんな「I.Cメイツ」さんに日頃からお世話になっていたり、今後繋がっていきたかったり、そんなミュージシャン達が集まって、今回のイベントが開催されたのでした。出演者は僕を入れて全6組。初共演の方もいましたが、なぜか楽屋は和気あいあいとした雰囲気で、みんなで一つのイベントを作ろうという「気持ちのバトン」をしっかり6組で繋げたような、全く「アウェー感」の無い、あったかいイベントでしたよ。うんうん、人見知りの僕が言うんだから、きっとそうだったに違いない!(笑) 「I.Cメイツ」のオーナー:Oさんも観に来られていて、笑顔で帰っていかれました。喜んでいただいてよかったです〜。初めてお邪魔した「Dream Cube」さんのオーナーさんもメッチャ熱い方で、お話できて楽しかったです!「Dream Cube」にも「I.Cメイツ」にも、また唄いに行かせてくださいね。関係者の皆さん、共演者の皆さん、駆けつけてくれたみんな、どうもありがとう!


<'19 2/17 愛知・名古屋 Dream Cube>
『ICメイツさん、いつもありがとう』
1. モザイク
2. 迷子の時代に生まれて
3. ちくわ焼きの唄
4. ハルカ
5. 翼
アンコール. Butter-Fly


20190217名古屋_1.jpg


20190217名古屋_2.jpg


20190217名古屋_3.jpg


20190217名古屋_4.jpg
(打ち上げ1次会では話し足りなくて、2次会、3次会・・・と。気がつけば、朝、8時???(汗)。作人、おっく、ユーキ、コウセイ、まだまだ話し足りなかったね(笑)。朝まで付き合ってくれてありがとね。また語りましょ。)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2/23(土)。横浜「BAYSIS」で唄って来ました。「ひなた」の二人、そして「片山遼」くん、仲のいい2組とのスリーマンイベントだったんですが、実は、僕、これまで「BAYSIS」には出演したことがなく、今回が「初・BAYSIS」だったんです。ブッキング担当のOさんは、以前、他のライブハウスにいらっしゃった20年近く前から面識はあるのですが、実際にBAYSISで唄わせてもらうのは、この日が初めてでした。なのですが・・・。なぜだか、初めてな感じがしない! と言うのも・・・。それには感慨深い理由がありまして・・・。今回出させていただいたイベントには『港街叙情詩』というタイトルが付けられているのですが、その回数がハンパない! この日の回が「第254章」。例えば月に2回ずつ開催したとしても・・・、えっ?何年?? 254回目を迎えるには・・・10年はかかりますよね。実際、この長寿イベント『港街叙情詩』の第1回目がいつ始まったかと言うと・・・。ファンの方の資料によると「2001年8月1日」。実は僕、この第1回目のステージに立たせてもらっているんです! しかも、その後、2回目、3回目、・・・と続けて8〜9回出演させてもらっていて、過去も合わせると、今回(2/23)で11回目の出演だったのです。ファンの方の資料をもとに、過去10回の出演日と共演者を挙げさせていただくと、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【現在は閉店した 横浜CLUB24 で行われていたイベント「港街叙情詩」へ 千綿が出演した全10回の歴史】

◇2001. 8/1(水) 「港街叙情詩 vol.1」
[共演] Kai / 染谷俊 / Arearea

◇2001. 10/9(火) 「港町叙情詩 vol.2」
[共演] 東野純直 / 阿久のぶひろ [O.A] 高橋知秀

◇2002. 1/25(金) 「港街叙情詩 vol.3」
[共演] After me / いわぶちかつひこ [O.A] 伊与木一彦

◇2002/4/26(金) 「港街叙情詩 vol.4」
[共演] 本田修司 / 直太朗 / 大森洋平

◇2002. 9/14(土) 「港街叙情詩 vol.5」
[共演] スプリングベル / 谷口崇 [O.A] 煌乃優trio

◇2002. 12/25(水) 「港街叙情詩 vol.6」
[共演] 石川よしひろ / 松崎ナオ / 河口恭吾

◇2003. 3/26(水) 「港街叙情詩 vol.7」
[共演] kaoru / 柿島伸次 / HOOK

◇2003. 10/19(日) 「港街叙情詩 SPECIAL」
[共演] 染谷俊(※ツーマン)

◇2004. 2/8(日) 「港街叙情詩 vol.9」
[共演] 宮本浩次 / 松ヶ下宏之 / N.U.

◇2007. 12/3(月)
「港街叙情詩~惜別の章~GOOD BYE BLUES~」
[共演] 染谷俊 / 大森洋平 / kaoru

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上のようになります。めっっっっっっっっちゃ懐かしーーーい!

2001年の第1回目から出演しているこのイベント。元々は、今は閉店してしまった「CLUB24」というライブハウスで始まり、「CLUB24」の閉店に伴い、会場が「BAYSIS」に移ったとのこと。今回、僕は「BAYSIS」で唄わせてもらうのが初めてだったと言うのに、このイベント自体には色んな想い出と強い思い入れがありまして。そんな訳で、「初・BAYSIS」ながら、初めての感じがしなかったんだと思います。いや〜〜〜、それにしても、2001年からって凄くないですか! っていうか、俺、何歳よ? んっ? 29歳ーーー!!! ぅわ、若い!(笑) あの頃から20年弱が経ちましたが、あの頃の自分の周りに宿っていた、静電気が生じそうなくらいヒリヒリするような(笑)、アノ「空気感」は、いまだに心の情景として焼き付いています。これからもきっと忘れないでしょう。いや?簡単には忘れられない、かな?(笑) それくらい、まだまだガキんちょだったアノ頃の自分を取り巻くもの何もかもが新鮮で、濃いーーー時代だったってことなんでしょうね。あれから少しは大人になれたんでしょうか? いや、そもそも、大人にならなきゃいけない必要があるんでしょうか? アノ頃と な〜んも気持ちは変わっとらんし、負けず嫌いなところも な〜んも変わっとらんし(笑)。往生際悪く、いい意味で、まだまだ暴れられる自分でありたいと改めて思わせてくれた、素敵な夜でした。共演の「ひなた」「遼くん」、BAYSISスタッフの皆さん、そして駆けつけてくれたみんな、ホントにありがとうね〜!


<'19 2/23 神奈川・横浜 BAYSIS>
『港街叙情詩〜第254章〜熱唱トライアングル』
1. モウヒトリノボクヲサガセ
2. この旅路の向こうに
3. One〜ただそれだけで〜
4. 翼
5. ハルカ
6. 陽のあたる場所へ
アンコールセッション.
* Butter-Fly(※1コーラス)
* 友よ


20190223横浜BAYSIS_1.jpg


20190223横浜BAYSIS_2.jpg


20190223横浜BAYSIS_3.jpg


20190223横浜BAYSIS_4.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


続いては!

3月9日(土)に故郷佐賀で開催するワンマンイベント『サンキュー everyone!!』ですが、おかげさまで SOLD OUT となりました! 沢山のお申し込み、本当にありがとうございます! この日の会場となる「GIN(ジン)」さんの2階は、「飲食店仕様」のため普段はテーブルが配置してあるのですが、今回、本当に沢山の方にお申込みいただいたので、それらのテーブルを移動させ、椅子も追加し、基本的にはご予約の皆さん全員にお座りいただけるように客席スペースのセッティングをさせていただこうと思っています。ただ、それでも結構な混雑が予想されますので、ご来場の皆様にお願いなのですが、なるべく前の方から詰めてお座りいただきますよう、ご理解・ご協力のほど宜しくお願いいたします。


最後にもう一つ。

3月10日(日)に同じく佐賀「GIN(ジン)」にて行なうワンマン懇親会イベント『裏会? オフ会!? 親睦会!!』に関してです。遅くなりましたが、リクエストフォームを開設しましたので、お伝えします。募集開始!!当日まで1週間を切ってしまい、遅くなってスミマセ〜ン! 前日(3/9)のワンマンとは違い、3/10のワンマンイベントは、オフ会?親睦会?的な雰囲気で、みんなとワイワイ楽しい時間を過ごせたらいいな〜と思っています。お喋りだけじゃなく、もちろん、ちゃんとウタは唄いますので、ご心配なく(笑)です! そこで、もし、まだ生では聴いたことのない昔の曲や最近の曲、久々に聴いてみたい曲などありましたら、是非ぜひ、Infomationの詳細内に設置しています「リクエストフォーム」からリクエストしてくださいね。少しでも多くリクエストにお応えできたらと思っています。お待ちしてまっす!→[3/10詳細]


そういえば。先週は全国的に高校の卒業式も多かったようですね。大学や専門学校などに進学する人、就職する人、故郷に残る人、新しい街に移り住む人。「春はお別れの季節です みんな旅立って行くんです」秋元康氏の歌詞にもあるように、確かに、この時期は、それぞれの人生においての「旅立ちの季節」ですよね。その情景をイメージして、僕の唄の歌詞を引用させてもらうと、『はしゃぎ過ぎたその後で 僕らは別れを選んだ 壊れていた時計の針が 音も立てずに動き出した』と、『モノクローム』の一節が浮かんできます。『これから僕らは誰と出逢い どれだけの想いを分かち合えるだろう』そんな、先の見えない一抹の不安もあるでしょうが、きっと、「これからどんな人たちやどんな物事との新しい出逢いが待っているんだろう?」と、僕が佐賀を飛び出したあの日のように、前向きな期待とワクワク感の方が優っていることでしょう。これまでと環境が変わっても今までの出逢いに助けられることが多々あります。そして、今後に待っている新しい出逢いに救われることも多々あります。振り返ってみたら、意外なところで色んな「出逢い」が繋がっていることも多々あります。人生は「選択」の連続ですからね、その時その瞬間の自分の心に正直に生きていけたら、きっと素敵なモノゴトに出逢えるのだろうと、僕は想っています。この春、旅立つアナタに、エールを!


ではでは、またです。


PS.『4/13長岡ワンマン』と『5/26神戸ワンマン』のリクエストフォームも後日開設しますので、リクエスト曲、考えておいてくださいね!

2019/02/26 10:34
3月〜5月 LIVE SCHEDULE

【STAFF KID】
5月までのLIVE SCHEDULEをまとめてみました。
未確定が多々ありますが、確定しましたら随時更新して参ります。
スケジュールに⭕️チェックして貰えると嬉しいです。
宜しくお願いします。
3月〜5月LIVE SCHEDULEのサムネイル画像

2019/02/16 02:56
『2/2 大阪 高槻 TAKADAMA BASE』『2/3 大阪 西天満 Rumio』<新着LIVE情報!!(※4/13&14長岡, 5/26&27神戸)>

寒〜〜〜い日が続いている東京です。皆さん、いかがお過ごしですか~〜〜? 風邪とかインフルエンザとか、大丈夫ですか〜〜〜? お仕事関係やお友達など、けっこう周りに多くないですか?インフルエンザにかかってる方。僕の周りでも、仕事の件でお電話した数名の関係者の方や、「アイツは絶対にかからない!」と何の心配もしてなかった友達までもが、インフルエンザの猛威にやられているようで。「うがい」「手洗い」「マスク」「人混みを避ける」などなど、予防法を徹底しているつもりでも、電車に乗ったり、会社に行ったり、スーパーに買い物に行ったり。一歩も家から出ない訳にはいかないですからねぇ。完璧に予防するのにも限界がありますよね。でも、移らない人は移らないんですよね、不思議なもので。例えば、お子さんがインフルエンザにかかっても、一つ屋根の下に暮らしている親御さんには移らなかったり。僕の弟家族もそうだったらしいんですが、それって何なんでしょうね? とにかく、出来る限りの予防をして、何とかこの寒い時期を乗り切りましょう。


さてさて。2月も折り返しです。大阪ライブから帰ってきたこの10日間ほどは、公私共に色んな雑務に追われておりました。この先のライブの調整やら、3/9に佐賀でプレゼントするライブ音源の事やら、『唄の素〜其の2〜』の事やら、4/6のバースデーバンドワンマンの事やら、やらやら。ライブで各地に遠征している時は、その旅を充実させることに集中しているので余計な事を考える暇も無いほどなのですが、唄旅が無くて東京で大人しくしていると『あ〜、アレやらなきゃだった! おっと、コレも考えなきゃ! うわっ、アレ忘れてるし!』と、逆に頭がコンフューズ状態に陥ってしまうようで・・・(汗)。自分の効率の悪さと管理能力の低さを身に沁みて感じさせられる、そんな、ここ最近でございます。m(_ _)m


という訳で。。。

遅ればせながら、2月に入ってからの2本のライブ(※大阪2days)を振り返ってみたいと思います。


まずは、2/2(土)。大阪 高槻「TAKADAMA BASE」にて、ワンマンイベント『ちょっと遅めの新年会!いや!? これがホントの忘年会!』が開催されました。TAKADAMAで唄わせてもらうのも、もう何回目になりますかね? 今回で恐らく4~5回目ですよね? 何だかすっかり「ただいま~感!!」が自分の中に生まれてるんですけど(笑)。スタッフと二人で、慣れない音響のセッティングをしたり、観やすさを考えながらイスを並べたり。TAKADAMAのような会場でライブをする時には、「自分が唄う場所を自分で作る」という『手作り』の愉しさや喜びを味わえます。『いずれ、東京や佐賀に、こんな場所が作れたら最高だな〜』そう思わせてくれる、居心地の良い、アツアツ手作りの基地です。

今回の TAKADAMA BASE は、昨年11月以来、2ヶ月半ぶりのワンマンでしたが、この日も ほぼ満席の沢山の方が駆けつけてくれました。セットリストも、普通の「対バン」のイベントでは中々唄わない(※時間の関係上で唄えない)曲を中心にセレクトしましたよ。懐かしい話や色んな雑談も交えながら、アッと言う間の2時間半強(←ぐらいでしたよね?)。大阪、関西、各地から駆けつけてくれたみんな、楽しい時間を『おおきに〜』でした!


20190202高槻_1.jpg


20190202高槻_2.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<'19 2/2 大阪・高槻 TAKADAMA BASE>
千綿偉功ワンマンイベント
『ちょっと遅めの新年会!いや!? これがホントの忘年会!』
1. Take a Chance!
2. One and Only
3. 君がいた景色
4. 三日月の下で~thinkin' about you~
5. 夜空の星
6. 追憶のメロディー
7. ひまわりと日曜日と
8. あなたが傍にいるだけで
9. What's going on?
10. door
11. モザイク
12. 今 君を
13. 遠くまで
EC1. カミヒコーキ進化論
EC2. 碧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


20190203高槻.jpg


そして、その翌日 2/3(日)は、同じく大阪の、西天満 Rumio にて、自主企画イベント『キミにあって、ボクにないもの。』の 10回目スペシャル版が開催されました〜! 本来は、2016年3月6日に企画していた vol.10スペシャル でしたが、ご存知のように、僕が「耳の病気」になり、出演することができませんでした。そんな中、僕が出られない状況にもかかわらず、ササキオサムさん、大橋タカシくん、アダチケンゴくん、この3人でイベントを敢行してくれたのでした。その後、僕の耳の状態も良くなり、あの日のリベンジとして『どうしても4人で再演したい!』という想いから、昨年の9月30日にリベンジ公演を組んだのですが、ま、ま、まさかの「台風」がーーー!! お客様の身の安全を考慮し、この公演も泣く泣く延期に。そんな経緯があっての、今回の開催。「リベンジ」の『リベンジ』ですよ! 「ホンマ、どんだけ待たすねん!」と、いつド突かれてもおかしくない状況の中(汗)、約3年越しに、ようやく、4人での"vol.10スペシャル"を開催することが出来ました! いや〜〜〜、ほんっっっとにホッとしたわ〜(涙)。3年も待っててくれたそれぞれのファンの皆さん、駆けつけてくれた皆さん、会場Rumioの店長ケンタ他スタッフのみんな、そして、オサムさん、タカシ、アダっちゃん、ホンマにホンマにありがとーーー! 開催できて、マジで良かったわ~~~(涙)。今後もまた、大阪でのこの自主企画『キミにあって、ボクにないもの。』は、11回目、12回目、・・・と、折りを見て開催していきたいと思っていますので、関西のみんな、一緒に盛り上げて行ってもらえると嬉しいです! 宜しくお願いします。


20190203Rumio_1.jpg


20190203Rumio_2.jpg


20190203Rumio_3.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<'19 2/3 大阪・西天満 Rumio>
千綿偉功presents
『キミにあって、ボクにないもの。vol.10スペシャル〜Revenge〜』
1. 変わり往く世界で...
2. この旅路の向こうに
3. 魔法のことば
4. 翼
5. Cry
6. ほこり
ラストセッション. 友よ(※全出演者)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


20190204東京戻り_2.jpg


20190204東京戻り_1.jpg


最後に、新着LIVE情報を幾つかお伝えします!


まずは。4/13(土)のお昼に、新潟・長岡「じょんのビレッジ」にてワンマンイベントが決定しましたーーー! 長岡でのワンマンは、カバー曲中心の『CHI-WA-CAFE』以外では、2014年3月9日以来、なんと!!6年ぶりになります! メッチャ久しぶりですね! これまで、「ひなた」に誘ってもらって何度も訪れている長岡ですが、まだまだ長岡では唄えていない曲、聴いてもらえてない曲も沢山あると思います。そこで、今度の4/13(土)のワンマンは、皆さんからのリクエストにお応えしてお送りする『今の僕に出来ること』シリーズのワンマンにしようと考えました! しかも!!「完全生音生声」でお届けする、レアなワンマンです! この機会に、普段の「対バン」のイベントでは中々聴けない曲や、実はまだ一度も「生」で聴いたことがないという曲などなど、聴きたい曲のリクエストもバンバン送ってください!(※リクエストフォームは近日中に開設しますので、しばしお待ちを!)長岡のみんな、新潟県内のみんな、隣県のみんな、全国のみんな、是非ぜひ遊びに来てくださいね。チケットは「千綿偉功オフィシャルサイト」からの「WEB予約(※2/17 正午12:00スタート!!)」のみとなりますが、当日、お土産としても持って帰ってもらえるように、写真版の「オリジナル引き換えチケット」を手作りしたいと思っています。あっ!そうそう!スペシャルゲストで「ひなた」も来てくれることになってますよ! 久々の長岡ワンマン、お待ちしておりまっす!→[詳細]

さらに! その4/13ワンマンの翌日 4/14(日)にも長岡で唄います! 「ひなた」主催のイベント「フレンドサーキット」に誘ってもらいました! またまた新しい出会いが生まれそうな、そんなワクワク感が募るメンツですね。長岡2days、ぜひ遊びに来てくださいね。みんなで楽しむバイ!→[詳細]


続いて、関西のライブ情報です!


今後の関西ライブは、5/25(土)&26(日)、神戸2daysになりそうです!

5/25(土)は、CASH BOXにて 対バンイベント調整中! 詳細は届き次第、発表しますね。

そして、その翌日 5/26(日)は、Ageha Base(アゲハベース)にて、ワンマンイベント『今の僕に出来ること』の開催が決定しました! 先ほどの長岡と同様、神戸でのワンマンも本当に久しぶりですよね。他の街では開催してきた『今の僕に出来ること』シリーズのワンマンも、神戸ではまだ開催できていなかったですもんね。神戸(兵庫県&お近く)の皆さん、ホント、お待たせしました! チケットは「千綿偉功オフィシャルサイト」からの「WEB予約(※2/17 正午12:00スタート!!)」のみとなりますが、このワンマンでも、当日、お土産としても持って帰ってもらえるように、写真版の「オリジナル引き換えチケット」を手作りしたいと思っています。久々の神戸ワンマン、ぜひ遊びに来てください!→[詳細]


あっ、そうそう。長岡と神戸のワンマンに関するコメントの中で、「オリジナル引き換えチケット」と書いたじゃないですか。なぜそういうものを作ろうかと思ったかというと・・・。「手売りチケット」が無い「WEB予約」のみのライブの場合、そのライブを観に行ったよ!っていう「チケットの半券」みたいなものが みんなの手元に残らないじゃないですか。来てくれた人の気持ちになって考えたら、やっぱりそれって何か淋しいんじゃないかな〜って ずっと思ってた訳ですよ。なので、僕の拙い技術で出来る限りのモノしか作れませんが、「WEB予約」しかないライブの時は、来場の記念になるような何かを手作りして用意できたらいいな〜と思ったのでした。なので、長岡ワンマン、神戸ワンマン、の他でも、3月の佐賀ワンマンイベントの時にも何かしらご用意できればと考えています。モノ自体のクオリティーは大したものではないので(汗)、そんなに期待はしないでくださいね(笑)。


さあ、今度の日曜日 2/17 は名古屋に唄いに行きますよーーー! どんな出会いが待っているんでしょうか。4ヶ月ぶりの名古屋ライブ、どんな空気感のイベントになるのかワクワクですね。みんなの笑顔に逢えるのを楽しみにしています!→[詳細]


まだまだ寒い日が続くので、ホント、風邪とかインフルエンザには気を付けんといかんバイ。ではでは、またです〜。


PS. 水泳の池江璃花子選手が白血病であることを発表されましたが、きっと、テレビの前の誰しもが驚き、エールを送りたい気持ちでいっぱいだと思います。僕も、そのうちの一人です。世界を舞台に活躍されてきた中で、池江選手はきっと、僕らが想像できないくらいタフなフィジカルとメンタルを培われたアスリートさんだと思います。今回、病気のことを自ら発表されたのも、並大抵ではないその「強さ」からでしょう。だからこそ、絶対に病気に打ち勝ってくれる!打ち勝ってほしい!と、世界中のファンの方々が心よりそう願っていらっしゃるんだと思います。また元気で素敵な笑顔を見せてください。『きっと大丈夫』そう信じて、僕もエールを送らせていただきます。

『翼』の歌詞、ここに貼らせてもらいますね。
https://youtu.be/bqJb1RyjvbM

翼.png

2019/01/30 18:21
『HNK佐賀 出演番組情報!!(※2/1, 2/2)』『1/14 中目黒 Fj's』『1/18 渋谷 DUO フレドリ#10SP』<新着LIVE情報!!(※3/10) & 4/6バースデーバンドワンマン WEB予約受付情報!!>

佐賀から帰ってきました。みんなは元気ですか~? 風邪とかインフルエンザとか、気をつけて下さいね。


Twitterでは呟いていましたが、実は数日前から佐賀に行っていました。NHK佐賀放送局さん制作の番組に出演のオファーをいただき、急遽、佐賀で収録が入ったのでした。「色々な境遇を抱えながら音楽と共に生きる方達」を紹介する番組の総集編的なもので、「音楽の持つ力」や「夢を追いかけること」についてのインタビューに僕なりの想いを語らせていただき、最後に1曲 唄わせていただく、という内容でした。今回、ゲストという形で呼んでいただいたのですが、僕もまだまだ「夢なかば」な"唄うたい"なわけで・・・。VTRで紹介された皆さんに対してコメントを送っている僕自身が、『俺も頑張んなきゃ!』と、皆さんから「力」をもらいました。

21歳の3月にユニットでメジャーデビューをさせていただき、今年で丸25年。'98年のソロデビュー後、本格的に弾き語りを始め、今に至るわけですが、その途中には、唄う希望を見失って自分勝手に「活動休止」を決断し、それまでお世話になった方々を失望させてしまったり、耳の病気(※低音型感音性難聴)を患い『もう唄えないかもしれない』という絶望の淵に立たされ、精神的にドン底まで落ちてしまったり・・・、と、決して「順風満帆」とは言えない、この25年でした。それでもここまで唄い続けてこられたのは、どんな最悪な状況にあっても信じて応援してくれるファンのみんなや関係者の皆さんの存在があったからだと、身にしみて感じています。

今回の番組出演のお話をいただいたのも、まさに、そういった関係者さんとの繋がりがあったからです。出逢ったその当時は、その出逢いが何処に繋がって行くのかなんて誰も分からないものですが、振り返ってみると、過去の出逢いの一つ一つ全ての延長線上に、今の僕が居るんだと。今回の件で、強く強く再認識させられました。これからも、自分のキャパシティーを増やして、一人でも多くの人と出逢い、その出逢いを大事にしていかなくちゃいけないなと、教えられたような気がします。今回の番組収録でお世話になった皆さん、本当にありがとうございました!


20190124_NHK佐賀収録.jpg


【NHK佐賀 出演番組情報】

◇2/1(金)「佐賀イズム」ココロノオト〜音楽のチカラ〜
■19時30分〜19時55分
※インタビューとライブ映像が流れます

◇2/2(土)「佐賀イズム」ココロノオト~音楽のチカラ~
■10時55分〜11時20分
※2/1放送分の再放送です


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さてさて。

もともとアナログ人間だった僕が、ガラケーからスマホへの「革新」を迎えて、早いもので2年強。昨年のG/Wあたりから遂に「Twitter」なる未知の世界に足を踏み入れてしまい、ココ(※オフィシャルサイトのDiary)の更新がおろそかになってしまいました・・・(汗)。人間という生き物は、一度 便利なモノを覚えてしまうと、それが当たり前になってしまう、愚かな生物だな~と、自分のことを戒めている この半年ほどです。そこで、今年は、「Twitter」の手軽さにかまけることなく、ココからもちゃんと「想い」を発信していきたいと改心いたしました、はい。「Twitter」と併せて、ココも覗いてもらえると嬉しいです。


と言うわけで。少しさかのぼって、遅ればせながら、今年に入ってからの2本のライブを振り返ってみたいと思います。


まずは。2019年1発目(※カウントダウンイベントは除く)、唄い初めとなったのは、東京・中目黒 Fj'sにて行なわれた「我那覇美奈」ちゃん企画のツーマンライブでした。実は、我那覇ちゃんとの付き合いも古く、最初の出逢いは、彼女がまだデビューしたての10代の時でした。出逢った場所は長崎。NBC長崎放送さんがハウステンボスでやられていた「長崎歌謡祭」というコンテストのゲストとして、僕と我那覇ちゃんが出演させてもらった時のことです。今からもう20年ほど前の話になりますかね? その時の我那覇ちゃんのステージでサポートギターを務めていたのが、な、な、なんと!!偶然にも!!僕の高校の時(※一緒に上京した)のバンドメンバーだったのです! 僕も彼も、それはそれは驚いて、目を丸くしながら盛り上がったのを、今でもよく覚えています。我那覇ちゃんとは、その後も、広島で共演したり、僕名義で続けていた『唄会』というイベントにお誘いしたりと、何度かご一緒させていただきました。それから時は流れ・・・。それ以後、中々会える機会もなかったのですが・・・。昨年の9月。ばあちゃんの13回忌で佐賀に帰り、数日間滞在していた時のこと。「千綿さん!ガナハです!お久しぶりです〜。今 佐賀に久しぶりに来てます!」とショートメッセージが届きました。まさか僕が佐賀に帰っていることなんて全く知らないであろう我那覇ちゃんからの突然の連絡。すぐさま、折り返しの電話を入れ、今 自分が佐賀に居ることを伝えると、「えーーーっ?なんで??」と驚きの声(笑)。ちょうど晩御飯を食べて、お酒を飲んでいるとのことだったので、タクシーを飛ばしてその店へGO!! 久々の再会。しかも僕の故郷 佐賀で。なんだか僕の方まで嬉しくなって、テンション上がって、一緒に飲んでしまいました〜(笑)。実は我那覇ちゃん、次の日が佐賀でライブがあるため、前日から佐賀入りしていたらしく、佐賀と言えば・・・ということで僕を思い出してくれたみたいで、連絡してくれたのだとか。翌日のライブにも顔を出して色々話したのですが、その時に「ぜひ何か一緒にやりたいね!」なんて話題になり、今回(1/14)のツーマンライブへと繋がったわけなんです。まさに、一つの出逢いや再会から何かが生まれていくんですね。

1/14のライブでは、我那覇ちゃんのサポートで参加していたピアノの「俊ちゃん」こと 小林俊太郎氏(※彼も結構前からの知り合いで、しかも、数少ない"同い年ミュージシャン"なので、気を遣わず話しやすいのです(笑))に急きょ飛び入りで僕の曲にも参加してもらい、我那覇ちゃんにもコーラスで入ってもらって。2019年の唄い初めから贅沢なライブになりました。駆けつけてくれたみんな、我那覇ちゃん、俊ちゃん、どうもありがとうね。


20190114_中目黒_1.jpg


20190114_中目黒_2.jpg


20190114_中目黒_3.jpg
(※レクリエーションタイムの書き初めでは「笑唄飯盛(しょうばいはんじょう)」と書かせていただきました(笑)。今年も"笑顔"を忘れず、精一杯"唄って"、"ご飯"を美味しく"盛り盛り"食べて頑張ろう!って想いを込めました!)


<'19.1/14 東京・中目黒 Cafe & Live spot Fj's>
「寄り道バール ゲストとあそぼ 6」※2マン
■千綿コーナー(1部)
・この声が聞こえますか
・今 君を
・翼
◇レクリエーションタイム「書き初め」
■千綿コーナー(2部)
・ちくわ焼きの唄
・あなたに逢いにいこう(Pf:小林俊太郎/Cho:我那覇美奈)
・Dear〜愛する君へ〜(Pf:小林俊太郎/Cho:我那覇美奈)
■我那覇ちゃんの曲「希望のつぼみ」でギター参加
ECセッション. あの鐘を鳴らすのはあなた/和田アキ子


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2019年、2本目のライブは。渋谷duoでの『FRIENDS&DREAM vol.10スペシャル』でした。故郷佐賀や、長崎、福岡、広島、大阪などで自分主催のイベントを始めたのち、『そう言えば・・・。20数年も暮らしているホームタウン東京での自主企画イベントが無いじゃないか!』と我に返り、2014年10月からスタートしたこのイベント『フレドリ』。耳の病気で開催できなかった期間を経て、この度、ようやく、節目の「10回目」をスペシャル版として開催することが出来ました。ひなたの二人、磯山純くん、ユメノツヅキの二人、松藤量平氏、N.U.の二人、をお迎えし、全6組でのスペシャル版。大好きな仲間たちに囲まれて こんなイベントが出来るなんて 本当に幸せ者だな〜と、出演者それぞれとの出逢いの場面を思い出しながら、みんなのステージを聴いていました。自分がこれまで唄い続けてきた中で出逢えた愛すべき仲間たち。ソロになって「弾き語り」を始めたばかりの頃は、まだまだ先輩たちが多くて、ペーペーだった自分。あれから時は流れて、気がつけばアラフィフ(笑)。兄貴肌でもない僕のことを「兄やん」なんて呼んでくれる仲間が出来るなんてね。人見知りで、どこのライブハウスに行っても楽屋の「鏡」が友達だったアノ頃の自分には思い描けなかった光景です。この歳になっても「先輩づら」なんて出来ない僕ですが(笑)、自分がこれまでお世話になった大切な仲間になら、これからも自分が出来る限りの事で返していけたらと、そう、改めて感じさせられた夜でした。平日にもかかわらず駆けつけてくれたファンのみんな、出演してくれたみんな、duoのスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。ホームタウン東京でのイベント『FRIENDS&DREAM』は、もちろん今後も続けていきます。ファンの皆さん、これからもぜひ一緒に育てていってもらえたら有難いです。よろしくお願いします。


20190118_渋谷duo_1.jpg


20190118_渋谷duo_2.jpg


20190118_渋谷duo_3.jpg


20190118_渋谷duo_4.jpg


20190118_渋谷duo_5.jpg


<'19.1/18 東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE>
『FRIENDS&DREAM vol.10スペシャル』
1. ハルカ
2. 迷子の時代に生まれて
3. 小さな街の片隅で
4. キミが教えてくれたこと
5. 明日への光
6. 翼
ラストセッション. 友よ(※全組)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さあ、ここからは、新着LIVE情報と4/6バースデーバンドワンマンのWEB予約受付情報です!


まずは新着LIVE情報!!

3/9(土)『サンキューの日』には、佐賀の「レストラン&パブ GIN(ジン)」にて『サンキュー everyone!!』と題したワンマンイベントを開催させていただくのですが(←残席わずかです!間も無く受付を締め切ります!)、佐賀・九州に限らず、遠方から駆けつけてくれる方も沢山いらっしゃるようです。そこで。せっかく佐賀まで足を運んでもらうので、その翌日の3/10(日)にも、ファンの皆さんと触れ合える機会が作れたらいいな~と思い、親睦会的なイベントを開催することになりました! 日頃のMCでは中々話せない裏話!?や、秘蔵映像(←何か無いか探しておきますね!)を流したり、ご希望ならば(笑)「質問コーナー」を設けたり、普段のライブイベントよりもファンの皆さんと距離の近い場所になったらいいな~と考えています。事前にリクエストを募っても楽しそうかな~と思っていますが、いかがでしょうか? 前日の『サンキューワンマン』と合わせて、佐賀2days、楽しんでもらえれば幸いです。お待ちしています! 参加受付は「千綿WEB予約」のみです。受付スタートは、2/2(土)正午12:00からです。詳細は→コチラ


続いて、4/6バースデーバンドワンマンのWEB予約受付情報!!

先日の渋谷duo『フレドリ#10SP』より手売りを開始しました『4/6 バースデーバンドワンマン』のチケットですが、一般プレイガイド[ローソンチケット]の発売日が2/2(土)からとなっていますので、その翌日 2/3(日)の正午12:00より「千綿WEB予約」の受付もスタートしたいと思います。当日の入場順に関しては、

1. 手売りチケットの方の整理番号順 [券種:A]
2. ローソンチケットの方の整理番号順 [券種:B]
3. WEB予約の方の整理番号順(※2の後ろより)
4. 当日券(※席、または立見のスペースに余裕がある場合のみ)

となっています。今後のライブ(※2/2大阪, 2/3大阪, 2/17名古屋, 2/23横浜, 3/9佐賀, 3/10佐賀)でも「手売り販売」は行ないますが、「手売り/WEB予約/ローソン」の合計が会場の定員に達した時点で全ての販売&予約を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。お早めにチケットのご購入&ご予約をお願いいたします。詳細は→コチラ


さあ、いよいよ今週末からは大阪2daysですね。昨年に続き、今年の遠征も大阪からです! 『2/2(土) 高槻 TAKADAMA BASE』『2/3(日) 西天満 Rumio』がっつり大阪の空気を楽しみたいと思います! 2/2(土)のワンマンイベントは残席わずかとなっています。よろしくお願いします。


ではでは、またです。

Search
千綿偉功トリビュートアルバム公式Facebookページ
千綿偉功
トリビュートアルバム
公式Facebookページ
The ライブ盤 ~バンドワンマン @ O-WEST~
『The ライブ盤 ~バンドワンマン @ O-WEST~』
千綿偉功
お問い合わせ窓口
(株) トゥーファクトリー内 chiwata-desk@toofactory.com
Hidenori Chiwata Official Website
 
千綿偉功お問い合わせ窓口 (株) トゥーファクトリー内 chiwata-desk@toofactory.com